全国送料無料!

メニューを閉じる

読みもの

トルマリンホットパックを使ったリハビリ

このページは、弊社直営のデイサービスで、利用者様向けに使用している解説内容です。
機能訓練やリハビリ、免疫力アップなどの説明の材料としてにご活用ください。

トルマリン温熱で病気にならない体作り!
体温を1度上げると免疫力は5倍に。

当施設では、トルマリン温熱療法を実践しております。 免疫とは、ウイルスや細菌から体を守る機能のことで、体温が上がると免疫力もアップします。当施設では、天然鉱石トルマリンを使ったホットパックで、おなかや手足を温めて、血流を改善し、体温の上昇によって病気を予防しております。利用者様の中には、35度代の低体温だった方が、36度代の平常時体温になることも珍しくありません。

からだと体温の関係

医師の石原結實氏は次のように述べています。

「人間の体は体温が1度下がることに免疫力が30%、基礎代謝が12%低下すると言われています。つまりマイナス1度ごとに病気にかかるリスクが30%高まり同じもの食べても12%太りやすくなるということです」

(「体温をあげて体すっきり!もっと 健康!」宝島社より)

体温が下がるデメリットは大きいのですが、逆に「体温はたった1度上がるだけで免疫力は5倍から6倍も高くなる」とも言われています。

体温が低いことの危険性

デイサービスでは利用者様の体温を毎日計測していますが、体温が35度台の方も少なくありません。35度台の体温が続くことは体の不調だけでなく、将来的に病気になるリスクが高まってきます。

人間の体は体温が一度下がることに免疫力が30%低下し、様々なウイルスや感染症にかかるリスクも高まります。また、体温の35度代はがん細胞が最も増殖する温度でもあるのです。

体温を上げることのメリット

人間の病気や体調不良の根本原因は「体の冷え」「低体温」になるとも言われています。逆に体温を上げることは、健康を増進させて、体の不調や病気を改善させる最も有効な手段のひとつでもあるのです。

人の体は36.5度の体温で正常に働くようにできています。そこで当施設では、利用者様の平常時体温が36.5度になることを目指しています。

トルマリン温熱療法とは

トルマリン温熱療法に使用している「トルマリンホットパック」は、タオが独自に開発した温熱医療機器です。 現在は一般医療機器として全国の病院など医療現場で使われています。

一般医療機器番号 11B1Ⅹ10025960001
実用新案番号 登録第3204426 号

地球上で唯一電気を発する天然鉱石トルマリンを温めて患部に当てる療法です。

電気や人工物を一切使用しないので、低温やけどのリスクもなく、気持ちよく体に優しい温熱療法です。トルマリン鉱石だけが持つ独特の気持ちいい温熱刺激が、筋肉や関節を芯から温めます。

トルマリン温熱療法で期待できる効果

低体温は免疫力を下げるだけでなく様々な疾病の原因にもなります。当施設では、トルマリン温熱やふくらはぎケアで低体温を改善し、利用者様の平常時体温36.5度を目標にしています。
トルマリン温熱で体を芯から温めることにより、慢性的な筋肉や関節の痛みを緩和して、リハビリがスムーズに進むよう可動域の改善に努めています。

トルマリン温熱療法の使い方は簡単です。50度前後に温めたトルマリンホットパックを患部に当てるだけです。10分ほど当てるだけで血流が改善し、筋肉がほぐれて動きやすくなります。

トルマリン温熱療法の使い方
トルマリンホットパックによる血流の改善

体温を上げるための方法とは

体温を温める方法としては、入浴や運動、カイロや湿布で温めるなど様々な方法があります。しかし、お風呂は効果的な方法ですが、1日に何度も入浴することは簡単ではありません。また、カイロを体に当てすぎると低温やけどのリスクも出てきます。

当施設が独自に開発したトルマリンホットパックは、天然鉱石の入ったホットパックを加温して体に当てる温熱療法です。低温やけどの心配もなく、岩盤浴のような気持ちよさで、繰り返し体を温めることができます。

おなかを温める大きなメリット

からだの中心である「おなか」が冷たい人は、冷え症で低体温の可能性があります。漢方でもお腹を温める方法は、病気の治療にも使われています。

おなかは大切な臓器が集まる場所でもあり、血流不足による冷えは、免疫力や代謝を低下させて様々な体の不調の原因にもなります。定期的にお腹を温めることは、免疫力と代謝を高めて、病気を防ぎ、太りにくい体を作ります。

<おなかを温めるメリット>

  • ・免疫力アップ:平常時体温が上がることにより、免疫力がアップします。
  • ・冷え性の改善:体の中心部の血流改善により、末端の手足の冷えを改善します。
  • ・代謝の向上:お腹の温めは、新陳代謝が活発化し肥満の防止になります。
  • ・便秘の改善:下腹部の温めは、腸の活動を活発化させて、お通じを促します。
  • ・ストレス緩和:ストレスによる血流低下を防ぎ、気持ちをリラックスさせます。

症状別の使い方

トルマリンホットパックは、慢性的な痛みの緩和にも効果的です。強い痛みや腫れがなければ、基本的に体の様々な部分に当てることができます。体操や機能訓練の前に使うことで、運動時の痛みや、疲労も残りにくくなります。

「肩こり」の予防。「口腔体操」の補助
慢性的な「腰痛」や「坐骨神経痛」
歩く時や階段昇り降りの「ひざ痛」
使い痛みによる「ひじ痛」
「股関節の痛み」や「足の冷え」

デイサービスでのトルマリンホットパック使用方法などについては、下記まで遠慮なくご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間/平日10:00~17:00(年末年始を除く)
電話番号:06-6160-6080 担当:中園 徹

一覧へもどる

トルマリンホットパック
ご相談窓口

トルマリン事業部スタッフ

どんなことでも、わかりやすく丁寧にお伝えします。 お気軽にご相談ください。問い合わせをすると「買わされるんじゃないか」と不安に思う方も多いと思いますが、私たちは、無理なおすすめはいたしません。どうぞご安心ください。

お電話でのご相談・
各種お申し込み

電話アイコン06-6160-6080

受付時間/平日10:00〜17:00
(休:土日祝)

開業セットご購入

  • ベッド2~3台で
    スタートされる方
  • 1日の患者様が25人程度を
    計画の方
  • 初期投資を抑えたい方

お電話でのご相談・各種お申し込み

電話アイコン06-6160-6080

受付時間/平日10:00〜17:00(休:土日祝)